山脇 耀平(やまわき ようへい)
EVERY DENIM共同代表・兄
1992年生まれ。大学休学中の2014年、実の弟とともに「EVERY DENIM」を立ち上げ。1992年生まれ、オリジナルデニムの販売やスタディツアーを中心に、生産者と消費者がともに幸せになる、持続可能なものづくりのあり方を模索している。繊維産地の課題解決に特化した人材育成学校「産地の学校」責任者。

“Facebook” “Twitter” instagram

どうすれば「モノを愛着持って長く使い続けられるのか」
そんな問いに一つの答えを出したいと思っています。「自分が大切に履いたデニムをいつか息子にも履かせてあげよう」。今から30数年前、まだ大量生産・大量消費が当たり前だった頃の若き父がそう考えたおかげで、ぼくは、愛着込もったデニムに囲まれて育つことができました。
物質的に豊かになったぼくたちが、次に目指すのは心の豊かさ。作り手も使い手も、ともに心が満たされるような、ものづくりの在り方を探すときが来たのです。作ってくれてありがとう、使ってくれてありがとう。1本のデニムを通じて2度のありがとうが飛び交う世界。たくさんの人がモノを愛着持って長く使い続けられる世界。そんな世界を作りたくて、EVERY DENIMを立ち上げました。