島田 舜介(しまだ しゅんすけ)
EVERY DENIM共同代表・弟
1994年生まれ。大学への進学を機に岡山のデニム工場を訪問。国産ジーンズ発祥の地・瀬戸内に集積する工場では、世界から高い評価を受ける技術が継承されていることを知る。高い技術の存在を多くの人に知ってもらい、作り手と売り手の距離を縮めることをテーマに「消費されないデニムを届ける」という理念を掲げ、実の兄と2人でデニムブランド「EVERY DENIM」を立ち上げた。

“Facebook” “Twitter” instagram

すべては工場を取材することから始まりました。
知人の紹介で初めて工場に訪れたのが、2013年の8月。小さい頃から好きだったジーンズが目の前で作られていく様子にとても感動しました。一方で、現場に足を運ぶきっかけがなければ、ものづくりの情報に全く触れられないのはあまりにもったいない。そのような思いから、自分で工場を取材し、作り手の想いを発信しようと決意。染め・織布・パターン・裁断・縫製・加工、すべての工場を巡り、産地の歴史から現在のものづくりについて学びました。取材を通して、ブランドからは「商品がどこの工場からどういう想いで作られたか」を知ることができないという現状に違和感を感じ、それが明確に分かるデニムを世の中に広めたいと思ったのです。2015年9月、ブランド立ち上げのきっかけでした。